KIDS DELIのおやつについて。ゼラチンと寒天のお話


KIDS DELIで提供しているおやつの一つにゼリーがあります。一般的に市販されているゼリーと大きく違う点は、ゼラチンではなく寒天を使用しているという点です。

ではなぜゼラチンではなく寒天を使っているのか、ゼラチンと寒天の特徴から見ていきましょう。


まず初めにゼラチンについて。

ゼラチンは、動物の骨や皮に多く含まれるコラーゲンというたんぱく質から作られています。ゼラチンは、一般的に食用、医薬用、写真用、工業用の4つの用途に分類され、食用ではゼリー、ババロア、マシュマロ、グミゼリー、スープなど幅広く目にすることができます。

ゼラチンですが、原材料が牛や豚などの骨や皮などのためタンパク質が豊富で、消化吸収の未熟な赤ちゃんにはアレルギーなど負担をかけてしまう心配があり離乳食後期までは使用できません。離乳食完了期以降も調理に使う際は注意が必要であまりお勧めしません。

また、特定の動物性アレルギーがある方にとっては、ゼラチン自体の由来が何か(牛、豚、魚など)によって、ゼラチンもアレルギー反応を起こしてしまう食品になる可能性があり注意が必要となります。

同じように、ベジタリアンや宗教上の理由から動物性食品を避けている方もゼラチンは摂取することができない可能性があります。

また、ゼラチン自体が加工食品であるため、何由来なのか、どのような餌を食べて育った動物から作られたのかなど、製造過程が見えないためにその安全性や正体が分かりづらく不透明という一面を持ちます。

とても身近で使われているゼラチンですが、こういった背景があるということを知っておくことはとても大事だと思います。


続いて寒天です。寒天は海藻の天草が原料で、植物性の食物繊維が豊富に含まれています。寒天の食物繊維含有量はなんと100g中79.0gもあり、残りは水分と微量のミネラルです。食物繊維が寒天にはたくさん含まれているので、3つの効果が期待できます。

・寒天は海藻の食物繊維をたくさん含んでいるのでおなかの調子を整えてお通じを改善します。寒天の食物繊維には腸から吸収されずに便の材料となるため便の量が増えて、おなかがスッキリします。

・食事に寒天を取り入れて1日の摂取カロリーを減らすことで、体重が減少して糖尿病や動脈硬化の予防にも効果があると考えられています。

・寒天を入れて炊飯したお米を食べることで、血糖値の上昇を抑えることができます。

このように食物繊維が豊富で様々なメリットがある寒天ですが、他にも植物性由来のため、乳児が食べても安心で、離乳食後期から使用することができます。


KIDS DELIでは子供にとってより安全安心な食事を提供したいという観点から、ゼラチンではなく寒天を用いておやつを作っています。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示